「中央アジア料理における一期一会」講演会レポ

12/9(土)、おいしい中央アジア協会主催講演会「中央アジア料理における一期一会」が開催されました。 その名の表すとおり、中央アジアにゆかりある3名をスピーカーに招き、主に料理・食文化の観点から自らの経験を交えて中央アジアについてお話し頂きました。 なお、講演会では主にウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンを指して中央アジアという呼称を使用しています。 講演1人目のスピーカーに先崎将弘さんを迎えました。 先崎さんは大学時代、民族問題の研究を専門としまたユーラシア研究所の会員でもあることから、本職の傍ら『美味しい中央アジア』を出版されています。 (※先崎さんのプロフィールはこちら) 先崎さんは大きく分けて5つの観点から中央アジアの食文化の魅力に迫りました。 ・ペルシア文化を食 ・イスラーム文化と食 ・中国文化と食 ・ロシア・ソヴィエト文化と食 ・朝鮮文化と食 ・遊牧民の食文化 ある国について考えるとき、その文化があたかも昔から存在していたかのように思ってしまいがちですが、中央アジアは中国・韓国といった東アジア文化、モンゴルに端を発する遊牧文化、イスラム文化、そして旧ソ連であった経緯からロシア文化など多様な文化が絡み合って形成されているので興味深いです。 よく、中央アジアの料理というと異国情緒溢れる香りを醸し出すような味付けを期待される方も多いですが、中央アジア料理は意外にも塩、クミンが主でとても食べやすいのが特徴です。 その為、日本でいう炊き込みご飯にあたる「プロフ」、平焼きパンの「ナン(ノン)」、饅頭にその呼び名が起因する「マンティ」という小籠包

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by SUGAR & SPICE. Proudly created with Wix.com