はじめての中央アジア料理体験

October 25, 2017

おいしい中央アジア協会のイベントは初参加だったのですが、本当においしくて楽しい時間を過ごさせて頂きました!中央アジア料理という言葉の馴染みのなさとかわいい羊の絵に惹かれて申し込んだものの、一体どんな料理なのか、またどういう方達が集まって来られるの???と思いながら行った所・・・

 

 

お料理は、怖いものみたさの期待をいい意味で裏切って、とても親しみやすいおいしさでした!最初のにんじんサラダは見た目はまったくのきんぴら風で、朝鮮半島から移住した人たちが持ち込んだキムチの影響の一品ということでしたが、辛さも匂いもとてもマイルド。日本の家庭の食卓にも登場しそうな感じでした。

 

 

中央アジア風つくねは、今回は牛肉で作られたということで、こちらも人気の串焼き屋さんで普通に出てきそうな、すっと馴染める美味しさでした。

 

次にでてきたピロシキは、焼きピロシキでツナとトマト入り。日本でピロシキといえば油で揚げた肉入りのものが一般的と思いますが、かわいい小さ目のツナパンっていう感じでした。きれいな彩りのアチチュクサラダ(トマトときゅうりのサラダ)も、さっぱりとくせのない塩味。

 

 

中央アジア料理って意外と親しみやすいのねと思っている所に、豪華なプロフが登場!とてもいい匂いです。ところどころ骨がついた羊がゴロゴロ入っていて、そのうまみをご飯が全部キャッチして本当においしい!お米も、縦に淡い茶色の筋がはいった、ちょっと大麦風の特別なお米でした。ここで中央アジア炸裂か!っていう感じでもりもり食べちゃいました。羊の風味が単調に感じられてくると、合いの手にアチチュクサラダを一口。すると口あたりが爽やかになって、またプロフがすすみます。

 

 

 

そのあとデザートに甘いピロシキがどーんと出てきました。パン生地を編んだような素朴な形で、切り分けると中にリンゴ煮がはいっています。でも私はもうお腹がいっぱいで、食べられなかったのが本当に残念でした。

 

 

いらしていた方々はみんなフレンドリーで、ビールの助けもあって、初対面にもかかわらず、あっという間にお話が弾みました。「中央アジア上級者」的なお話あり、また日本の旨いもの世界の旨いものの話ありで、行きたい場所と食べたい物が一挙に増えました。

 

 

年代もバックグラウンドも違う人達と出会って一緒にごはんを食べるって、こんなに楽しいんですね。Asakoさん、織田博子さん、ご一緒させて頂いた皆様、どうもありがとうございました。

 

 

 

参加者 Kayさん

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「中央アジア料理における一期一会」講演会レポ

January 2, 2018

1/1
Please reload

最新記事