怒涛の豆祭り!中央アジアのおいしい豆料理の会@アロヒディンのまm…巻

April 22, 2018

ブログではお初にお目に(?)かかります常務理事のナヴォイです。

休みだった人も休みじゃなかった人も週替わりの夜、いかがお過ごしスタン?

私はこの連休中、積んでたポケ●ンのゲームを消化したり、「彼方のア●トラ」読んで悶えたり、イラン料理食べてたり…最高でした。

 

まあそれはさておき、4/16に

 

 

なーんてな素敵イベントを開催致しました!場所は日本橋にある中央アジア料理店アロヒディンさん!

 

豆!豆大好き!アーモンド!的な能天気っぷりで参加しましたが、よくよくちゃんと聞くとなんとまさかのアーモンドはナッツで豆でないと…え??何が違うのおおおお状態。(←一応主催者側)

とりあえず食べ始めました。


ちなみに、この日のメニューはこんな感じ。

・マルコフチャ(にんじんサラダ)
・Baklazhan salad(揚げナスのサラダ) ※普段お店にないメニュー
・mazaleg(ひよこ豆と羊肉の煮込み) ※同上
・moshibrinch(緑豆とお米のリゾット風の煮込み) ※同上
・シトラプロフ(角切り肉と人参の炊き込みご飯) ※同上
・デザート
・チャイ

 

まずは代表挨拶から始まり…

 

早速運ばれてきたのは揚げナスサラダとにんじんサラダ。

 

 

 どちらもうまうま!にんじんサラダはこのアロヒディンさんでは安定のスタメンですが、

この揚げナスサラダもナスのうまみが存分に引き出されていてお酒によく合う~

 

 これはmoshibrinchモシブリンチ、緑豆とお米のリゾット風煮込みです。モシは緑豆の事らしく、他にモシキチというお粥もあるみたい。緑豆というとキルギスのアシュリャンフー(緑豆の透明なきしめん:中国でいうところの涼皮、涼粉)のイメージしかなかったのですが、これや意外、なんか小豆の煮込みっぽいお味…!そしてお豆の効果は絶大で、まだお豆料理一品目にしてかなりお腹が膨れる大誤算。

 

山田代表と「一品目なのにやばくない?笑」と相談する始末。

大ピンチ!

 

 お豆二品目、mazalegマゼレグ、ひよこ豆と羊肉の煮込み!

お隣に座ってらした弊会プレミアム会員様であらせられるK様のお言葉を拝借すれば

「上の羊肉、ラーメンのチャーシュー」

それを聞いて食べた同じテーブル一同

「確かに」

 

普段は主役になることの多い羊肉がこの時ばかりはお豆にその座を譲っていました。

ひよこ豆ほっくほくでお腹きついきつい言いながらバクバク食べてしまう。

 

(一週間経って、地味にこれが一番今食べたいかもです。

味が気になる方、ぜひお声がけください。ぜひ一緒に行ってこれ食べましょう。)

 

そしてここで山田代表の豆の豆知識、もう一度言います、

 

 

  

 

まあ正直1週間前なのとお酒が入ってたことによってかなり端折りますが、

とりあえずナッツと豆は違う、大きく分けて中東原産、東アフリカ原産、インド原産、新大陸原産の豆があって、まさかのピーナッツはナッツでなく豆!という事らしい。交易路とかそういうのにきゅんとときめく層としてはすごく楽しい話でした☺

 

そしてすでに豆二品でひいひい言ってる中追い打ちをかけるのがーーーーーーー

 

 

 

え?!え?!いつも食べてる人参千切りのあのプロフじゃない!!!なんか緑!やばないやばない?!と山田代表ときゃっきゃ言いながら大興奮。

 

あれだけお腹いっぱい言ってましたが、そんなのお構いなしとばかりにバクバク喰らいつくうら若き乙女(未婚)2人!プロフは別腹、と確信致しました。プロフまじ偉大。

 

角切りの人参はよく煮込まれていて甘くて、上にパセリがかかっていたのでさっぱり食べられる一品でした!これは特にみんな食べてほしい!!

 

ハイパー炭水化物オールスターズみたいな食事でしたが、豆に焦点当てて食べる事が少ないのですごく良い機会でした。ものすごくおいしかったし。

あと、これ言うのもあれなんですけど、、、お通じにすっごく効くので気になる方はぜひお豆料理お試しあれ…!中央アジア料理なら油もいっぱい使ってるからかなりの相乗効果!

 

食後はチャイ(お茶の事でよくインド料理店とかで出てくるスパイスたっぷりのあれではないよ!:露語Чай、ウズ語choy)飲みながらほっこり。ぶどう柄のティーポットかわいい。

 

 

とまあ、こんな感じでゆるく、たらふく食べる感じで活動しております。

お次のイベントはなんでしょう?!(←把握してない)


またお会いできる日まで~

ごきげんスタン~!!!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「中央アジア料理における一期一会」講演会レポ

January 2, 2018

1/1
Please reload

最新記事