てんこ盛りプロフに挑戦!

November 19, 2018

2018年11月18日(日)に料理教室「てんこ盛りプロフに挑戦!」を開催致しました。講師はサマルカンド出身のObid Khakimovさん。日本滞在歴11年のウズベク人です。

 

 

最初においしい中央アジア協会の代表理事山田さんが挨拶をしました。シルクロードの周りには沢山の美味しいお料理が集まります。これからも美味しいお料理を食べて頂く企画をするので、ぜひ中央アジアのお料理を楽しんで下さいとのことでした。

 

 

メニュー

 

  • ウズベキスタンのお茶

 

ウェルカムドリンクにウズベキスタンの緑茶を頂きました。

 

  • プロフ

 

オビド先生のふるさとサマルカンドのピラフです。ウズベキスタンでは、イスラム教の安息日である金曜日の前日の木曜日は、家族のために男性がプロフを作るとのことです。おいしい中央アジア協会は、毎週木曜日にWEBマガジン「週刊プロフ」を発行しておりますので、詳しくはこちらをご覧ください。

羊肉は、きつね色になるまで良く油で炒めます。そこに厚めに切った人参を入れ、米と水を加えて炊き上げます。とても優しい味付けで、いくらでも食べられました。

 

  • ドルマ

 

玉ねぎは出来るだけ細かく切ります。玉ねぎと挽き肉を混ぜ、ブドウの葉で丁寧に包んだ料理です。ブドウの葉がない場合は、ピーマンに詰めることもできます。中央アジア以外の国や地域では、冷たい前菜として出されることも多いドルマですが、ウズベキスタンでは温かい料理が多く、ドルマも温かい状態で食べますとのことでした。お肉とお米の中身が柔らかく、塩とクミンがとても良い味でした。

 

  • マルコフチャ(人参サラダ)

  

 マルコフチャはロシア語で人参を意味する「マルコーフィ」とウズベク語でかわいいを意味する「チャ」が組み合わさって、「かわいい人参」という意味だそうです。コショウや七味唐辛子、コリアンダーなどの調味料を加え、韓国のキムチのようにピリッと辛く、ビールのつまみになります。

 

  • アチチュクサラダ

 

ウズベキスタンでは、生の野菜を沢山頂きます。アチチュクサラダはトマトときゅうりを塩だけで味付けしたサラダですがとても美味しく、プロフの箸休めになりました。

 

  • ナッツ&ドライフルーツ

 

オビド先生のふるさとのアンズ、アーモンド、干しブドウの他、ウイグルの緑色の干しブドウとトルコ産の干しイチジクを頂きました。

 

  • ウイグルのお茶

 

とてもさっぱりしていて、美味しい緑茶でした。

 

 

参加者の皆様はエプロンをかけ、真剣に玉ねぎや人参を切り、男性参加者も真剣に包丁を持ち、とても楽しいひと時でした。オビド先生は、とても優しいお顔で、とても親切に教えて下さいました。ウズベキスタンの現地のお話も沢山伺うことができ、とても有意義な料理教室となりました。最後にご参加頂いた12名の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

次回のイベントは、12月13日(木)19:30に「中央アジアカフェ」をグッドモーニングカフェ錦町店で開催致します。中央アジアのキルギスに焦点をあて、キルギスに滞在経験のある協会のスタッフが、キルギスの観光・食事の魅力についてお話します。ぜひご参加ください。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「中央アジア料理における一期一会」講演会レポ

January 2, 2018

1/1
Please reload

最新記事