「中央アジアのカワイイ♡もちもち水餃子作り」のイベントを開催しました!

April 10, 2019

 3月30日(土)に中央アジアの水餃子を作るイベントを開催しました。

講師は酒庭伊織(さかにわいおり)さん! 

日本で調理師のお仕事をされ、青年海外協力隊の派遣でキルギスの職業訓練校講師としてご活躍されました! 今回教えてくださったのはヴァレーニキ(バラク、ブレク)という水餃子。

酒庭さんが準備したじゃがいも、玉ねぎ、カッテージチーズの具の他に、皆様に好きな具材を持ってきていただきました。さて、どんな具のヴァレーニキが出来上がるかお楽しみに!

まずは自己紹介や料理説明。和気あいあいとした雰囲気で進んでいきます。

 

まずは生地を作っていきます。酒庭さんが作りながら説明した後、皆さんそれぞれ生地をこねました。生地を寝かせている間に中国の緑茶を飲みながら旅行や料理の話も盛り上がっていました。寝かした後の生地は手触りも変化している様子!丸く麺棒でのばすのと、きれいに具を包むのにコツがいるようでした。

 

 

 

皆さん包むときは真剣な表情!! じゃがいもやカッテージチーズの他にも皆さん持ち寄ったきのこやズッキーニ、あんこ、エビチリ、トマトなども!! 

 何個か作っていくうちにコツをつかんだのかどんどん上達!

きれいなヴァレーニキが出来上がっていきます。

 

 出来上がった方から茹でていきます。「あっ!やぶけた!」との声もありましたがとっても美味しそうに茹であがっていました。仕上げにお好みでヨーグルトとチーズの中間のようなスメタナ風ソースとディルをかけて完成~!

皆さん初めて作ったとは思えない出来上がりでした。

 あんこなどの具もとっても美味しかったようです!様々な味を楽しみながら完食!

ウイグルのサフラン紅茶も飲んでいただきました。食後は酒庭さんのキルギスの写真を見せていただきながら現地のお話しをうかがったり、中国と中央アジアの食文化についてお話も。

ヴァレーニキを「家でつくります」とお話しされていた方も多かったです。

様々な中央アジアのおいしい料理がご家庭にも広まっていくきっかけを作るため、これからもイベントを開催していきますのでよろしくお願いいたします!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

「中央アジア料理における一期一会」講演会レポ

January 2, 2018

1/1
Please reload

最新記事